ご予約はこちら

イベント

探検!ジオパーク遊佐エリア~大自然と遊ぶ教室~を開催しました

去る、6月1日、鳥海山・飛島ジオパークの遊佐エリアを巡る、大自然と遊ぶ教室を開催しました。バスの中や各所ではジオパークの認定ガイドさんが楽しく分かりやすくジオパークのことをお話ししてくれたので最初から最後までとても楽しい野外学習となりました。最初の目的地では雨に見舞われたものの、その後は天候も回復し大自然を満喫できた一日となりました。

 

自然と人が作った湧水の滝、胴腹滝(どうはらのたき)。鳥海山の伏流水が山腹から湧き出ている場所。杉林の中には小さな杜があり、その杜を挟んで2 つの滝があります。滝の左右で味が違うらしい。

 

 

湧水でできた清流、牛渡川(うしわたりがわ)。鳥海山の湧水のみを水源とする川。どこまでも水が澄んでいます。そろそろ、清流の象徴のバイカモ(梅花藻)が花を咲かせる時期らしいがこの日はまだ・・・。

 

 

湧水で満たされた神秘の池、丸池様(まるいけさま)。溶岩の層を流れた火山起源湧水100%の池。エメラルドグリーンに輝く水面が神秘的で、親しみと畏敬の念を込めて「丸池様」と呼ばれています。

 

お昼は遊佐の恵みをふんだんに使ったご当地カレー、遊佐カレーを堪能。

 

 

岩礁に刻まれた仏像、十六羅漢岩(じゅうろくらかんいわ)。荒波で命を失った漁師諸霊の供養と海上安全を願って、岩礁に22体の仏像が彫られている場所。地質はかつて鳥海山が噴火した際に日本海に流れ出た安山岩溶岩です。

 

 

鳥海山に降った雨や雪が時間をかけて海岸で湧き出す場所、釜磯(かまいそ)。鳥海山の溶岩の層を流れてきた地下水が豊富な湧水となって砂浜に湧き出している場所。なんでも今湧き出している水は10年前に鳥海山に降った雨や雪だとか・・・。

鳥海山は噴火を繰り返している山。この海岸も溶岩で形成されている場所なので砂鉄はかなり多い。

 

 

おくりびとの名シーン。有名な撮影スポット。

ガイドさんからいただいた牛渡川の缶バッチ。記念になったのでかなり嬉しい。

 

 

2019.06.03